Text

高校生活は部活と恋愛だけなのか?
 ジャンプ、マガジン、サンデーを毎号買っていた時、そんな疑問を抱いたことがあった。
 近年もそのトレンドは続いてる。特にアニメで。

image
( 背景とBGMに新海誠の作品が影響しているような )
 毎回見ていてむずがゆくなるシーンがてんこ盛りだった。

 なるほど、女の子が、男の子を下の名前で呼びたくなったら、それは恋愛感情を持っているということらしい。
 そのためには、呼びやすい名前が必須だ。四文字の名前より、三文字の名前の方が呼びやすい。 あだち充のマンガの主人公は、ほとんど三文字だ。
 四文字であっても上二文字が呼びやすかったら、その二文字が愛称となる。あだち充のマンガでも、二文字の主人公がいる。
 その点、【 D×3 】のリアルネームは実に呼びにくい。  仕事の電話でフルネームを告げる必要があると大抵、「○○さんですか?」 と聞き直されてしまう。 

 当然、ギャグ以外で名前で呼ばれたことなど「全く」無い。 ( 「ゼロ」と断言できることがあるってすごくないですか?)

 一方、あだ名・愛称については、保育園の頃から【 Dちゃん 】だった。人生の師と仰ぐ『 車寅次郎 』 が、どの土地へ行っても「寅さん」と呼ばれ続けたように。

 ( 「General  と呼んでくれる集団もいるが、それはまた別の機会に)

  ひさびさの たんぶら に話が大きく逸れた。

 部活について。
 引き続いてあだち充のマンガから考えていく。
 甲子園出場レベルの野球や、インターハイ出場レベルのボクシング、水泳といった運動系の部活動と恋愛を両立させることは非常に困難だとオレは思う。 だが、あだちマンガは地方大会制覇までの練習や試合と、その合間に繰り広げられる恋愛ドラマをバランス良く描いている。
 最近のスポーツものは、このような神業のような高校生活を描くことはしない。

image
( BL要素が満載だったせいか、2014年夏に第2期が放映された)  
image
( なぜだろう。2年生の田中に親近感を感じる  )

 いずれの作品にも、女子マネージャーが登場し、何かしらの恋愛フラグが立ちそうなシチューションもチラホラ見受けられるのだが、男共は競技レベルの向上にのみ熱中する。 ハイキューの主人公コンビに至っては、熱中しすぎたため勉強がおろそかとなり、試験で赤点をとる有様だ。
 その結果、二人して同学年の女子マネに勉強の面倒を見てもらうことになるが、なぜか三角関係のフラグは立たない。あだちマンガとの大きな違いだ。( こいつらに性欲はないのか? )
 かように、マンガやアニメの世界では、今も部活と恋愛が高校生活のメーンストリームとして描かれているが、スポーツの技能向上のみを追求する作品と、些細なことにキュンキュン  ( 「 萌え 」 とは言わないらしい ) しまくる作品とに分化が進んでいるように思う。
 もっとも、

image
(CVの瀬戸麻紗美 、宮野真守、細谷佳正の演技がすごい)

 のように、体育会顔負けの部活動と、遠距離の三角関係という描きにくいテーマを見事に一本のストーリーに織り込んでいる作品もある。
 また、

 高校生活が乱闘だけという作品もある。

image
( 終盤に明かされる「真実」に、誰もが驚いたことだろう )

 さらに、

image
( リアルの日本で爆弾テロがあったのは20年も昔のこと )

 のように、二人の男子高校生 ( 厳密には違う ) が、警視庁やFBI相手に爆弾をボカンボカンとやらかす作品もある。
 日本のマンガやアニメが世界のあちこちで人気があるのは、高校生活だけをとっても 「 様々なテーマを様々な手法で描く 」作者(および制作会社)がたくさん存在し、作品を供給しつづけているからだと思う。
「今日はここまでにしといてやる!」
【D×3】( けれども、オレの高校時代は黒歴史・・・)

Photo Set

【 なかなか たんぶら が出せない  】

 そんでも、一応【D×3】の生存情報は出しておこうと思う。

 というのも、古い たんぶら 読者の方々と連絡をとったところ、皆様は今も たんぶら をご覧下さっていたことを知った次第。

 そこで、

 諸兄姉へ改めて申し上げます。

 「 今年は去年以上の激動の一年ですが、なんとか生きてますし 『 ワープアながら 』  ソーシャルワーカーとして現場にも出てますよ。 皆様のおかげです。こころからの感謝を

 さて、 トップのGIFアニメについて、

 作品名やら世界観を書き出すとダラダラいくので、「 動き 」に着目。

 これだけクオリティが高い映像だが、劇場版ではなく、アニメ版のカットだ。

 動画マンはさぞやご苦労をしたことだろう。

MACROSS OFFICIAL WEB SITE:マクロス オフィシャルウェブ 

( 公式リンク)

 たんぶら 本編をいつアップできるか分からんが、テーマは練り上げているのでしばし待たれい。

【D×3】

 10,15,2014@daily-daily-dandy

(supplysideから)

出典: fusionmix
Photo Set

【 軍用ヘリがある保育園 】

 傑作戦争映画「地獄の黙示録」「ブラックホークダウン」でおなじみへりだ。

OH-6 (航空機) - Wikipedia ( 冒頭の画像は陸自の機体)

 このヘリが型落ちしたため国産開発した、川崎「 ニンジャ 」 (  バイクでは無くヘリの通称 )はユニットコストが高すぎて買い揃えられなかった。

ニンジャダンス2013(OH1 Ninja dance),霞ヶ浦駐屯地開設60 

 よって、OH-6はまだ現役というからびっくりだ。

 もちろん、経年劣化のために退役が進んでいるのだが、余生のあり方に疑問。

 というのも、

 このヘリについて調べたところ、千葉県内の二つの保育園に一機ずつ無償貸付されていた。

無償貸付制度 - 防衛省 (リンク先の番号8と11を参照ください)

 子供達は動くものが大好きだし、空を飛ぶものに対して純粋なあこがれを抱く。

 だが、小学校入学前の子供達のそばに、兵器(=防衛装備品) が存在する環境が適切といえるのだろうか。

 気力が続くなら、もうちょいと掘り下げて考えたかったが、別の機会にする。2週連続で台風も来ていることだし。

 【D×3】 ( 次回 たんぶら のテーマは決まっているが、公表はできない )

 10,13,2014@daily-daily-dandy 

出典: rocketumbl
Text

「 ピアカウンセラー 」 「 ピアサポーター」

 福祉関係のニュースや特番を観ているとしばしば耳にする。

 ある病気障害生活上の困難に直面した (=ダメージ ) 経験を持つ者が、支える側としての役割をも果たすこと。

 そんな理解で間違いないと思う。

 例えば日本では、アルコールや薬物依存で深刻な状況に陥ったことのある人が、ダルクや断酒会で積極的な役割を果たしている。 また学校に出向き、自らの経験を語ることで子供たちにアルコールや薬物の恐怖を教育するという役割を果たしている。

 また、レイプの被害を受けた女性同士が結びつき、ともに回復を助けあう取組みや、育児に悩んでいる女性を先輩ママが支える取組みも進んでいる。DV被害にあった女性が共同生活を営んでいる例もある。

 ダメージを受けた人の言葉だからこそ、ダメージに苦しんでいる人の心に届く。 その結果として、お互いにダメージからの回復が進む。

 経験主義的だと批判を受けるが、現場では高い効果が確かめられているという。 

 ( ただいまヘロヘロのため、根拠となるリンクを貼る気力もない)

 なぜヘロヘロか、三連休なのだからアニメでも軍事本でも好き放題ではないかと思うかもしれない。

 まったく、現実社会は厳しいものだ。

 萌えアニメやハーレムアニメばかりを見ているだけではご飯が食べられない。よって、昨日も今日もオレは仕事だった。 来月まで三連休は堪能できない。

 話をもどす。

 昨日の仕事は、役所が主催するイベントの運営だった。

 お下劣な週刊誌がさんざっぱら公務員天国と煽った時期があったが、役所の職員も土曜日返上で仕事をしている。 けれど人手が足らず、オレらのような地域のワープア・ワーカーもスタッフとなった。

 そのイベントで、大学から来て下さった講師が幾度も強調していた。 障害当事者が医療や福祉の担い手として、 「 中に入る 」 ことが必要だと。 そして、実践例としてケンブリッジでの取組み事例を紹介してくださった。

 日本でも障害者総合支援法の枠組みの中に、障害者によるピアカウンセリングが入っている。だが、その動きが広まっているとは言えない。

 なぜか。

 そんなことは、その人たちの気持ちに立って考えてみればすぐわかると思う。

「 自分はこんなダメージを受けた」

 という経験を進んで話そうという人は、とても強い人だと思うし、人を信用することのできる素晴らしい人だとオレは思う。直近のニュースでもこんな人がいた。 image

 ( マララさん; 2014年ノーベル平和賞受賞)

 だが、人間が自己の経験を人に伝えようとするとき、伝えるべき経験が記憶の世界でよみがえってしまう。

 ダメージを受けた経験の場合は、ダメージを受けた状況がよみがえるのだ。それはきついことだと思う。 それを、自分以外の他人へ伝えることも、またきついと思う。 もしも、悪意を持つ者たちの手でネットなどでさらし者にされたらどうなるのか。 オレは思ってしまう。

( だから、 たんぶら は匿名を通しているし、「 最も書かなければならないこと 」はあえて書いていない)

 聞く側のことも考えたい。

「これだけのダメージを受けたが、今は頑張ってここまで来た」

 そんな話を聞いても、自分はそこまでは行けないと思ってしまった人にとって、他者の経験談は苦痛だと思う。また、他者のダメージを聞くことは辛いことだ。 自分がダメージを受けた時のことがしばしばよみがえるからだ。

 さらに、周囲の無理解もある。

「バカな男を選んだだけなのに、どうして我々が税金でその後始末を付けなくてはならないのか 」

 NHKが、DVや性被害を受けた女性のピア活動 ( 当事者同士が支え合う取り組み) を取材して放送した際に、番組に寄せられたツイッターのコメントだ。女性たちの活動の財源が枯渇し、助成金も削られていると紹介したところ、そういうコメントがあったという。

 海外の先進事例についてその国の市民がどのように評価をしているのかは分からない。

 だが、日本の社会の中へ向けて、

「 私はこのようなダメージを受けましたが、こんな道のりを経てここまで来られました」

 と名乗りを上げることは難しい。 改めてそう思う。

 今日の仕事でも、飛び込みの面接があった。 様々なダメージで心の調子を崩した人たちだ。 センターにはオレしか勤務をしておらず、オレがその面接を担う。

 心の調子を崩しているという点では同じなのだけれど、オレは彼ら、彼女たちに対して、

「 私も精神科へ通院してましてね。けど、頑張ってますよ」

 などとは言えないし、今後とも言うつもりはない。

 オレはテレビに登場した人たちのように強くはないし、相談に来た人たちに、適切に自分の経験を伝えるスキルも持っていないからだ。

「今日はここまでにしといてやる!」

【D×3】 ( この瞬間、半分寝ている。 タイプミスがあっても修正しないよ )

Text

それが何の役に立つの
 きっと、ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんはその問いをたくさん浴びたと思う。

image

(2002年授賞式; 隣の田中さんは院卒ではないため ” Mr Tanaka “とアナウンスされた)

 だいぶ昔のことになる。

 記事は探し出せなかったが、1990年代の中頃に、小柴博士が、研究に不可欠な施設 「 スーパーカミオカンデ」 に予算が付かないで困っているという報道を見た記憶がある。

スーパーカミオカンデ 公式ホームページ

 宇宙の彼方から降り注ぐニュートリノが水分子にぶち当たると、とても小さなチェレンコフ光が観測される。 それが理論上は解明されていた星や宇宙の発生メカニズムを検証できることにつながる。 ( かなりアバウトに書いたつもり )

image
(  詳しく知りたい人はこちらへ ;東大による解説)


 それが、小柴さんの研究テーマであり、その研究のためにはスーパーカミオカンデでの観測実験がどうしても必要だった。 なぜなら、チェレンコフ光の観測には大量の水をためておける真っ暗なところを用意しなくてはならなず、神岡鉱山の廃鉱は実験装置を設置するためには最適だった。
 鉱山の廃鉱に、とても小さなチェレンコフ光を観測するための高性能の装置をたくさん並べて、大量の水を貯める。 当然、莫大なお金が要る

 ときまさに「 失われた20年 」 がスタートした頃。 お金を出す文科省財務省は 「 費用対効果 」について厳しく突っ込んできたはずだ。
 宇宙や星の成り立ちが分かったとして、それが国民の実生活にどう役立つのか 」
 世界最高の知性をもってしても即答はできなかっただろう。
 だから、スーパーカミオカンデに予算がつかないで困っているという報道があったのだと思う。
 結局、小柴さんの研究は2002年にノーベル賞を受賞し、スーパーカミオカンデでの実験は現在も継続している。権威と国際的な評価 ( 特に西側先進国  ) に弱いのは日本社会の特徴のひとつだろう。

 さて、
 今年のノーベル物理学賞は、青色発光ダイオードの研究者が受賞した。

NHK NEWS WEB ノーベル物理学賞に日本人研究者3人

 古い仲間のひとりA君が、この技術がどれだけすごいか熱く語っていたことを思い出す。 スーパーカミオカンデを知った頃とほぼ同時期、90年代の中頃だった。
 神田や秋葉原界隈で新聞配達を終えて大学へ登校するまでの数時間、ブラウン管テレビにニュースを流しつつ、A君から工学や理学についての知識を教わった。
 「 熱伝達 」 という研究テーマを専攻していたA君は、日中も薄暗い研究室で黙々とデータを集めては解析へ回す。 連日深夜まで研究室にこもり、早朝に新聞を配り、また日中は研究にいそしむ。 とてもオレには出来ない生活だと思った。数千万円の実験機材を用いてデータをとるA君の生活はしかしジリ貧だった。階段がミシミシ音を立てる 「まさに昭和」 というアパートの2階に時折帰宅していたようだ。 その部屋にあったデータ解析用のハイスペックPCだけが「平成」だったと記憶している。
「 なんども言うけど、熱伝達と熱伝導は違うんだよ、【Dちゃん】 」
 その言葉は覚えているが、結局、熱伝達熱伝導の違いは覚えられなかった。今度こそ真剣に教わりたい。
 その彼も、今は某私立大学の准教授として自分の研究室を構えるようになった。
 いまひとり、同じ頃の仲間B君について触れたい。
 B君も今は、とある旧帝大の准教授となり研究予算と食い扶持の心配が無くなった。 だが、オレとB君が出会った90年代の中頃、彼が人生をかけて学ぼうと選んだ研究テーマは 「ソ連法」 。滅んでしまった国の法体系だ。

image
 ( 現在のロシア国歌はこのメロディを継承している)
 同じ滅んだ国の法体系でも、ローマ中国諸王朝 (漢~清) のそれとは異なり、ソ連という国家が崩壊した記憶はあまりにも生々しく、純粋に学問の対象とするには向かい風が強かったのではないだろうか。

 事実、モスクワ大学より帰国したB君一コマ数万円の非常勤講師として教壇に立つのだが、彼が学生に教えたのは「ソ連法」ではなく「ユーロ法」 「欧州法」だった。
 B君専攻が、会社法特許法 ( 知的財産法 ) だったらと二度ならず思った。 彼がカツカツの非常勤講師として生き抜いていた頃は、MBAブームが真っ盛りで、ビジネスに役立つ法学の講座があちこちのMBA大学院にあったからだ。

 まとめよう。
 今日取り上げたA君とB君と小柴さん。 お三方に共通した生き方がオレには見える。
 すなわち、「すぐに役立つ」 と言い切れない研究テーマを選んで進み続けたという生きだ。
 小柴さんは、今年のノーベル賞受賞にあたり、
「 実生活に役立つ発明で受賞されたのがうらやましい 」 とコメントしている。

小柴昌俊氏「実生活に役立つ発明で受賞、うらやましい」 (朝日 

 文脈からはいろいろな気持ちが伝わってきた。

 そしてオレなりに考えてみた。

 学問とはすぐに役立つものばかりではないしすぐに成果が出せるものばかりでもない。けど、継続したならば何らかの到達点へ至ることができる。

 浮かんできたのは、そんな当たり前のことだった。

「今日はここまでにしといてやる!」

【D×3】 ( 村上春樹は今年もダメだったようで・・・)

Text

玄関を出た瞬間に口ずさんでいた

image
( 原曲はさすがにリンクをはばかられる)
 この唄の歌詞にしみじみ感じ入るようになってしまったという点、自分が成長できたのか、老化が始まったのか評価に迷う。

 と、シニカルに書くネタとして口ずさんではみたものの、「 風に戸惑う 」どころでは済まない暴風雨のなか出勤するハメになってしまった。

 東京に955ヘクトパスカルの台風が直撃するのは珍しい事のようで、スマホが何度も 「 緊急警報(避難勧告の発令) 」 のメロディを奏でた。 バイブ設定にしているのに、聴き慣れないメロディが聞こえてくるのは不気味だ。 

 そして、そんな時に限って、障害者サービスを使いたいという来客や、すぐに精神科病院へ入院したいのにさせてくれない等の電話が相次ぐ。 自動車メーカーは操業を中止したそうだが、地域福祉の現場ではそんなことは言ってられない。 雨が降ろうが槍が降ろうが、困っている人がいる限り福祉の現場は動き続ける。

ホンダなど大手自動車、台風のため工場の操業停止| Reuters

 だが、台風直撃のなか出勤したのはオレだけではない。

 ほとんどの たんぶら 読者諸兄姉もお仕事だったと存ずる。 そこで、この場を借りて申し上げたい。

 お疲れ様でした。

 その中のひとり、とある たんぶら 読者氏に先ほど通勤についてネット取材をした。

 先週のにわか雨の際は、「折りたたみ(カサ) で(雨と)戦う」と意気高かった読者氏だった。 よもや台風の朝に、「 折りたたみ戦闘 」 は無いだろうと思っていたが、読者氏は答えて曰く

「 今日はビニ傘で戦った 」 

 とのこと。

 当然のことながら読者氏は横殴りの雨に打たれて、会社に到着したそうな。

 しかも、濡れた服を着替えること無く「 自販機のコーンスープ 」 を飲んで仕事をがんばったという。 読者氏が奮闘した一方で、職場では同僚の半分が半休か休みだったそうな。

 どうしてそこまでして会社を目指した?

「 電車が動いていたし、雨が強い 『 だけ 』 だったから行った。故郷の台風は、今日の台風と比べたらもっとすさまじい 」

 だから、これくらいの台風では、仕事を休もうという発想にはならないのだと言いたかったのだろう。  

 オレも含めて、東京はいかに自然災害に慣れていないか改めて思い知った。

「今日はここまでにしといてやる!」

【D×3】 ( もはやテノールでは唄えなかった・・・)

追記;

ご多忙な中インタビューに応じて下さいました読者氏に、心からお礼を申し上げます。 ありがとうございました。

Photo

【 明日はまたも台風か・・・ 】

 テレビでは、「JRの特急が運休」とテロップが流れている。 通勤電車が遅れないことを祈るばかりだ。

 写真は国際宇宙ステーションからみた本年7月の台風だそうな。ネットで拾ってきた。

 今年も残り3ヶ月だが、日本の宇宙開発ではビッグイベントが目白押しだ。

 ひまわり8号/H-IIA25号機 打ち上げ応援サイト | ファン!ファン!JAXA!

( 生中継は観られないだろうなぁ )

 明後日はひまわり衛星が打ち上げの予定。 また、11月30日には宇宙探査機「はやぶさ2」が打ち上げ予定。

 台風の最中にロケットが打ち上がったという話は聞かない。 何事もなく通り過ぎてほしいものだ。

【D×3】

 10,5,2014@daily-daily-dandy

(「ハーレムアニメの回」について、多方面から感想をお寄せいただきました。感謝いたします。)

(wolverxneから)

出典: WOLVERXNE
Text

予告通りハーレムアニメ!
 一人の男が複数の女といちゃつくことが許される。
 まぁ、ハーレムアニメってのはそんなところだろう。 学問の研究対象とはならないと思うので明確な定義はない。
 もっとも、源氏物語(光源氏)や、太閤記(豊臣秀吉)、元朝秘史(チンギスハーン)だってハーレムとは切っても切れない話だ。後世、ハーレムアニメを研究しようという学者が現れることを期待する。
 さて、独断と偏見に基づいて進めていく。
 ハーレムアニメの起源はギャルゲーやエロゲーで、一般化できたのは 「 ときめきメモリアル 」 のおかげだ、などという概論のようなトピックはすっ飛ばす。

image

               ( 実写映画では藤崎詩織を吹石一恵が演じた)

 そもそも、一人の男が複数の女といちゃつく事態が目の前で起きていたら、周りの男はどう思うだろうか?
 仮にその男をAとしよう。
 Aが登校したり通勤したりするのは、女子校や女子大、女性だけの会社 ( そんな会社あるのか? )ではない。男が建物や校庭にいても通報されない空間だ。 当然そこにはA以外の男もうじゃうじゃといる。
 だが、その空間でいちゃつけるのはAだけだ。 思いを寄せる女達の様々なアクションにAはうすうす気づきつつ、時にきわどいシーンに巻き込まれるが、それでも一途に本命の女を想って、それ以外の女のアクションには応じない。そんなイベントが24時間365日繰り広げられていく。
 リアルにこんなヤツがいたら、そいつはカツアゲの対象か、闇サイトでのいじめの対象となるのではないか。また、入れあげる女たちに対しても、周りの女性から 「 あんなヤツ止めときなよ。女の敵だよ 」 とアドバイスがあるはずだ。 リアルの世界では、Aのような男は生き辛いのではないだろうか。
 にも関わらず、ハーレムアニメでは、Aのそばにはお人好しで男っぷりのいい男友達が存在する。 放送を終えたばかりの夏アニメから二つばかり挙げていく。

image
( なぜか国鉄法の条文朗読から始まる )

 各話突っ込みどころ満載のハーレムアニメだったが、主人公の高山が複数の女性公安官 ( 見習 ) やアイドル、そして王女とラブコメを繰り広げる中、岩泉という男は何も気づくこと無く(んなわきゃねぇだろ!)派手なアクションで高山をサポートし、定番の水着回でもひたすら食欲のみを追求。 最終話まで去勢されたナイスガイとしてサポート役に徹していた。

 ( 中村悠一&早見沙織は、「氷菓」と「魔法科高校の劣等生」でも共演 )

 戦時国際法を制定しておきながら従わないあたりは現代の中東にも通じる。寸土を巡って雑多な交戦勢力入り乱れるのも然り。
 って違う!生活保護受給者よりも安い家賃で単身生活を営む里見(高1)を中心に、彼とトラブル・ラブコメを繰り広げる地底人、異星人、魔法少女、幽霊達のお話だ。
 彼女達は里見を追って同じ高校へ転校してくる。普通に考えると、里見は男子達からハブられるはず。しかし、里見のそばには松平というお人好しの男子高校生がおり、折りに触れて様々なサポートをしてくれる。
 以上、二つのアニメ作品を紹介した。
 この二つのアニメは放送された時期がまったく同じだ。それでも、ハーレムはたやすく作れてしまうしまうという間違ったメッセージが社会に広がることはないだろう。
 なぜなら、いずれも放送が平日の深夜帯であるため、よほどの人ではない限りわざわざ観ようとは思わないはずだ。
 そして「よほどの人」は大抵、リアルの男女交際で報われることが少ない。だから、このようなアニメを観てつらい現実と折り合っている。従って、ハーレムなどというものはファンタジーであると指摘されるまでもなく身にしみているからだ。

 蛇足ながら、一時期話題となった 「 物語シリーズ 」 について。

( このPVはなかなかによろしい・・・)

 独り言の多い主人公阿良々木暦は、少女・童女・養女、年齢不詳の吸血女に囲まれ、本命の元・メンヘラ少女と愛を育むという身も蓋もない話だ。

 しかし、この作品には、主人公にアドバイスするオッサンはいても、寄り添う男友達はひとりも存在しない。妙なところは、リアルだととオレは関心した。

「今日はここまでにしといてやる!」
【D×3】 (仕事さえ無けりゃ、毎日とことん深夜アニメを観たい)

Text

趣味を持ったほうがいいですよ
 職安で働くワーカーの先輩と、通院先の精神科医から同じ事を言われた。
その話を、とあるたんぶら読者にしたところ、たんぶら が趣味じゃないの?と。
「 うーむ、趣味とは違うんだよなあ。むしろ修行みたいなものじゃないかと 」
 そんな言葉を伝えた。
 そんじゃオレの趣味はなんなんだ?
   かき集めたい知識を列挙すると、アニメ・マンガ、軍事、鉄道、宇宙開発、歴史、金融、社会福祉や社会保障制度、精神医学・心理学、そして文学と、公言しても大丈夫な分野から、匿名ブログとはいえ記述をためらう分野まで幅広い。
 そのかき集めた知識を整理して、オレなりの言葉で表現したのが たんぶら だと思う。 当然、テキスト情報がネットに残るため、記述をためらう分野については たんぶら には書かないし書けない。 なんでもありのネットであはるが、一応はある程度モラルは保てねばならない。
 それだけ書きたいことが山ほどあるのに、書く時間が制限される。仕事を持つということはそういうことだ。 また、ネタとしたいあれこれに耽溺する時間も年々限られていく。年をとるのはいやなことだ。

 そんな話を診察室や職安の相談室でしたところ、
「 【D×3】さんは勉強が好きなんですね 」
 ・・・・んなわきゃねぇ~・・・
 勉強が好きなら、もっとスムースに社会になじんでいるはずだ。
 事実、良きにしろ悪しきにしろ、日本は偏差値の高い大学を出た人から順番に 「 きちんとした仕事 」に就くことができる。
 たとえば赤本を開いて進路実績を調べてみると、東大や慶應義塾の卒業生には、公務員もいれば商社やメーカー、ベンチャーに進む人もいるし大学院へ進学する人もいる。公認会計士試験や司法試験といった難関試験の合格率も高い。一方、関東上流江戸桜の諸校では、進路未定という人が相当数いる。

関東上流江戸桜はFラン大ですか? - Yahoo!知恵袋 ( オレ個人の感情としては、こんな序列社会はイヤだ )

 勉強好きの人たちがきっちりと勉強すると、「きちんとした仕事」に就けるが、オレのように何の役に立つのか分からない知識をかき集めても、きちんとした仕事には就けない。その結果、同窓会に行くと居心地の悪い思いをする。すなわち社会になじめていないというネガティブな思いを抱き、さらにひねくれていく。
「 そんな思考パターンから抜け出すためにも、ぼ~っとして、疲れないことを見つけたらいいよ。それが見つかって続いていたなら、それが趣味なんじゃないかな 」
 とは精神科医のお言葉
 さて、なにかと屁理屈をこねて面倒くさく考え込むオレが、「趣味」にたどり着けるかどうか。無理なような気もするが、やってみようと思う。
「今日はここまでにしといてやる!」
【D×3】(次回は「ハーレムアニメ」について書きたい)

Photo
【 東京オリンピックの前年に・・・ 】

アキラの映画予告編 1988 HD - YouTube
 バイク・ギャング( 珍走団とは違う )のガキ共が、人類史上最悪の人型兵器と遭遇してしまうというお話。 完全セルアニメの時代にクオリティの高い映像がバンバン出てきた。
AKIRA (漫画) - Wikipedia
 電話帳 ( 死語だなぁ ) のような大版のマンガを買うために苦労もした。
 「 お・も・て・な・し 」 のおかげさまで、2020年に東京五輪が開催されると決まったとき、オレの頭の中には、この映画のテーマソングがよみがえった。

AKIRA-Original Soundtrack- - YouTube
 メロディーを奏でるのがマリンバだかシロフォンだかは分からないが、この曲を脳内再生すると、中二病的な行動が引き起こされたものだった。 たとえば、高校へ自転車通学する際に、車道のセンターライン上を走って警官に怒られたりとか。
 それだけ影響力が強い作品だからか、有志が作った実写版もネットに上がっていた。 これはこれで味わいぶかい。
https://www.youtube.com/watch?v=t1GO-93Nt3c
9,28,2014@daily-daily-dandy

【 東京オリンピックの前年に・・・ 】

image

 バイク・ギャング( 珍走団とは違う )のガキ共が、人類史上最悪の人型兵器と遭遇してしまうというお話。 完全セルアニメの時代にクオリティの高い映像がバンバン出てきた。

AKIRA (漫画) - Wikipedia

 電話帳 ( 死語だなぁ ) のような大版のマンガを買うために苦労もした。

 「 お・も・て・な・し 」 のおかげさまで、2020年に東京五輪が開催されると決まったとき、オレの頭の中には、この映画のテーマソングがよみがえった。

image

 メロディーを奏でるのがマリンバだかシロフォンだかは分からないが、この曲を脳内再生すると、中二病的な行動が引き起こされたものだった。 たとえば、高校へ自転車通学する際に、車道のセンターライン上を走って警官に怒られたりとか。

 それだけ影響力が強い作品だからか、有志が作った実写版もネットに上がっていた。 これはこれで味わいぶかい。

https://www.youtube.com/watch?v=t1GO-93Nt3c

9,28,2014@daily-daily-dandy

(supplysideから)

出典: birtsplace